にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

常識ってなんだろう

どうも!たくや院長です!

f:id:di-taku:20191122163244p:plain

常識ってなんだろう。

獣医学において常識と言われていることに、まず触れてきた。

卒業して、動物病院に勤めて。

一生懸命に勉強してきた。

先輩獣医の話を信じていた。こうするんだな、ああするんだなって。

ワクチンはこういう病気が入っていて、毎年接種するもんだよ、ノミダニは人に感染症が広がったりするし、動物達にも予防していないとダメだとか、去勢手術や不妊手術はするものだとか、腫瘍はできたらとるみたいなこと、悪性腫瘍なら抗がん剤とか手術、放射線治療適応だとか、この方法だったら予後、生存率とか気にして、尿路関係の病気はまず処方食だ!みたいなことだったり、

薬に関しては、本当に使うのが当然のように処方していたし、薬で何とかする、サプリを併用するとか、もう治りませんという認識をもってしまったり。

 

成書にもそう書いてある。権威のある本にも。

手術の方法なんかも。

 

これらは、常識であり、このレールにのるべきでしょうとこれをすれば間違いないと。

でも

 

クリニックを開業して、上の常識って本当なのか?と改めて思う。

毛生えません。→毛生やしました。

薬続けなきゃ。→減薬できている。薬を飲まなくてよくなった場合もある。

抗生剤必要と言われた。続けてます。→クリニックの指示で薬を使わないで結果が良くなっている。

 

常識で治療する。一応理論立ててはいるでしょう。でも治らない。

 

物事は違う角度から見た方がいい。

 

何回も言われました。すごい先生です。

その通り。同じ方向しか向いていないでしょ。

いろんな角度からみれば見え方は違う。

 

こうすることで解決策がでてくる可能性はある。

 

病気の相談、治療の相談、出張診療

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

アクアゼオ商品販売

https://www.amazon.co.jp/s?me=A15K27JS4A4Z8O&marketplaceID=A1VC38T7YXB528