にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

アレルギー検査ってなんだろう?

どうも!たくや院長です!

 

f:id:di-taku:20190824234947j:plain

動物病院で、

アレルギー検査をしましょう。

と言われる。

 

初診では言われないと思います。セカンドオピニオンは別ですね。

痒みで受診して薬を飲んだり体を洗ってみたりして、長期間痒みが良くならないという場合に出てくる会話だと思います。

 

抗生剤を使い、抗真菌薬を使い、かゆみ止め、副腎皮質ホルモン、分子標的薬なんかいろいろ使って、治らないとなれば、アレルギー検査。

 

安易に検査、検査と進むべきではない。そう簡単にアレルギーと決めつけるのもよくない。アレルギーって使いやすい言葉だし。

 

医者に言われれば妙に説得力がある。獣医も同じ。

 

先日、クリニックに来た症例、皮膚が悪いと。

皆さん、しっかり検査されているんですね。高かったでしょうに。

 

その結果を見せてもらいました。

アレルギー検査の結果は、全て数値化されてでてきます。

例えば、鶏肉100、豚肉30、牛肉0 という風に。

それに加えて、陽性か陰性か数値によって線引きされるんですね。

 

先ほどの例に合わせると、100以上陽性、100以下陰性。

 

となるわけです。

 

結果を話す場合、陽性か陰性かで話されることが多いと思いますよ。

気を付けてください。

 

獣医から話を聞いて、

陽性になったら、上の例だと鶏肉、チキンはダメ!!!絶対!!!!

なんて言われるかもしれませんし、飼い主さんは、そうだ、このコは、チキンを食べさせてはいけないんだという思いを自らすり込んでしまうかもしれません。

 

実際そうです。そう思います。

 

そうならないためには結果をよく観察してください。

 

私は、言っています。100%絶対ではない。食べさせちゃいけないかもねくらいに考えてみてもいいと思います。本当に鶏肉ダメなのかなーと疑わないと。

検査が全てではありません。

 

症例ですが、数値が100以上のものは多くあったのですが、90台の数値も結構あったんですよね。こういう場合は、陽性と陰性で判断するのではなく90台の結果も考慮に入れる必要がある。

 

もう、何を食べさせていいのかわからないという状況でした。ハウスダストにも花粉にも反応している。

 

結果的に、低アレルゲンの処方食や新奇蛋白の処方食になっちゃうわけですね。

 

クリニックでは、こう考えます。

体の中にため込んでしまって、貯めるだけためてうまく排泄できない。

 

体の中にゴミ(具体的には正体不明)がどんどん入ってきて、通常排泄ということを体は自然にできるのができていない。

 

排泄できるように体を変える必要がある。

そうしなければ解決しない。いい方向に行かない。

 

痒いことがなんで起こっているのか、そこを探る必要があるけど、血液検査ではわからないですよ。

薬を使って治ったと思っているでしょうが、最終的に体が治しているんです。

薬は不快な症状を取っているだけ。

また繰り返しますよ。だって同じことやっているでしょ。同じことやっていたら変わるはずないじゃないですか。

 

症状が出ている時は、体のメッセージですよ。

些細なことに気づいてあげてください。

 

電話相談・ZOOM相談受け付けてます。

ネット販売始めました。

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

 

 

友だち追加