にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

足がつかないです。クリニックではどうする?

どうも!たくや院長です!

 

足が‥‥ということで診察。

ã足 ã³ã£ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ 

まず、観察。

と同時に問診を始めます。

 

動物を歩かせて、どこをかばって歩行しているのか。

痛みはあるのか、どうしてこうなったのか、など伺います。

 

その中で触診して、膝、足先、股関節、腰骨、肘関節、肩関節、を首を見ていきます。

 

触っていって、痛いと私を咬んくる場合。

何すんだ!やめろ!と。

これ、相当痛いんですね。

足が腫れている場合とか骨が折れている場合など

 

 

別な場合。肩とか膝を触るとゴリゴリって音がしたり。

このゴリゴリ、多くは関節炎の症状。

 

問診、触診が終わり、治療に入ります。

 

痛み止めの注射。

痛いと辛いですから、飲み薬を処方する場合はありますね。

これで終了ではありません。

 

体重管理や食生活、筋肉増量などのお話もしていきます。

薬は、あまりつかいたくないと思っています。

サプリメントもありますよね、グルコサミンやコンドロイチンなど。

否定はしませんが、勧めはしませんね。

 

加えるんだったら体に良いと思われるものをあげたいですよね。

 

HP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

 

友だち追加