にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

相談

どうも!たくや院長です!

 

最近、動物病院と飼い主とのコミュニケ―ションが取れているのかと疑問に思うときがあります。

f:id:di-taku:20190802111351p:plain


どんな時か?

診察相談時、飼い主さんは言います。

 

何の薬かわからない、何の注射をしたのかわからない、奥へ連れていかれたがどんな処置をされていたのかわからない。

状態をきちんと把握されていなかったり。

 

かかりつけ医として飼い主はその動物病院へ行っているわけですが。

なぜ?なぜ?わからない?

é¢é£ç»å

こんなことも聞きました。

 

先生に聞けない、こんな細かいこと聞けない。先生忙しそうだから聞けない。

患者さんたくさん待っているから聞けない。

 

現状はそうなんだと認識しました。

聞けない状況ができている。

 

 

私は、勤務医の時から話をするし、聞くし。そういうスタイルでした。

今も変わりません。もっと、聞いたり話したりすると思う。

勤務医の時は、確かに混んでいました。診察が長いと、陰口をたたかれているんだろうなとか思っていましたが、スタイルは変えられませんね。

話すし、聞くし。飼い主さんも喋ってくれるし。

 

どんな注射をしたか、どんな処置をしたか、どんな状態なのか、お話するときは、経験上のことをお話して、

 

「そういうことね。わかりました!」

 

と理解してくれます。

 

薬の処方や病名から、説明していきます。

家族のこと、わからないとスッキリしませんからね。

 

相談はクリニックへ連絡ください。

直接来院されてもいいですし、電話相談(事前振込)、ZOOM相談(事前振込)

もあります。

 

今後どうなっていくか、何かできることはないかということもお話します。

ãç¬é¡ ç¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

HP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加