にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

心臓疾患

どうも!たくや院長です!

 

心臓疾患。高齢になると、増えてくるイメージですね。

f:id:di-taku:20190723120555p:plain

なんで気づくのか?

こんな理由で来院された場合。

 

人間の痰が絡んだ咳をしている

呼吸が多くないか?特に安静時

なんとなく散歩の時間が短いし、疲れやすい気がする。

 

代表的な受診理由はこんな感じでしょう。

 

まれに元気で、症状がなんともないけど、聴診してみると

「心雑音がありますね。」というと

「えっー!」と驚かれます。

 

急に心臓が悪いかもということになってしまう。

 

「じゃあ検査しましょうね。」

となるわけですが

 

検査ってどんなことするの?

レントゲン検査‥心臓の大きさや気管の位置、肺の様子を診ます

超音波検査‥心臓の動きが正常に動いているか、心臓の筋肉の厚みとか、大動脈、肺動脈の太さの計測、心臓における様々な部位の血流の評価、心臓の各弁の血液の逆流の評価

など、主に診ていきます。

検査では心臓が正常に比べてどれだけ違いがでているかがわかります。

 

心臓の状態をみて、内科的に治療なのか、外科的に治療なのか選択することになります。

 

ここでは、内科的に治療が進んだ場合ですね。

通常、心臓が悪いですね、となれば薬を処方されて飲んでいくわけです。

ずっと続く。ずっと飲み続ける。

 

薬を飲むことで、心臓の負担を減らしている。それは、臨床経験上理解できます。

始め1種、なんか様子が変わった、2種に増え、3種、4種と増えてしまうことも。

これも、ありうることです。

 

なかには、その薬を飲んで具合が悪くなるコいるんです。

軽度~重度の副作用に悩まされるのです。

薬ですからね、怖いですね。そんな悩むコもいれば、薬飲んで良くなりました。

というコもいる。

薬ありがたいんですよ。でも副作用がでるなら、そのコはしんどいわけで。

飼い主も心臓悪いから薬飲んでいるのに、薬で具合が悪くなるんだったら飲ませなくて絵いいんじゃないかって、思うし

 

なんとかなんないかな。こういうコ達はなんとかなんないのか。

 

心臓が悪い→薬飲む いまこの流れです。

心臓が悪い→食事変更+水+(薬) はどうか。

 

食事などはガラッと変える必要があると思う。

西洋の薬、東洋の薬、代替医療もある。

色々な選択肢を持ってもいいでしょう。

 

状況によっては、すぐに薬を飲んでおいた方が楽になる場合は

ありますから、受診された動物病院でご相談くださいね。

 

今までのやり方ではだめかもって思ってみてもいいのでは?

 

HP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

 

 

友だち追加