にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

ビタミンB

どうも!たくや院長です!

 

ビタミンB群、結構、体にとって大事なんだと個人的に思ってしまったので書いてみることにしました。

======================================= 

ビタミンBは1種類ではない。

B1・B2・B6・B12、ナイアシンパントテン酸葉酸、ビオチンの8種類。

多いですね。

またビタミンには脂溶性、水溶性がある。油に溶けやすいか、水に溶けやすいか。

その中でビタミンB群は水溶性。

 

どういう働きなのか?

・B1「化合物名 チアミン

糖質の代謝に関わる補酵素の役割。

f:id:di-taku:20190131150824p:plain


 

炭水化物→糖質→グルコース→エネルギー生成という、大雑把の流れですが

グルコースからエネルギー生成の間にビタミンB1が必要になる。

足りなければ、エネルギー不足になる。変換するのに必要ですから。

すぐにそうなるわけではありませんよ。適度にとりましょうということです。

 

・B2「化合物名 リボフラビン

脂質代謝、糖代謝、タンパク質の代謝に関与。

脂質からエネルギーを産生するために必要だが、その他の代謝経路でも必要な存在。

ããã¿ãã³b2ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

大量に摂取しましょうということではありません。

 

・B6「化合物名 ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン」

エネルギー産生に関与。

f:id:di-taku:20190131151118p:plain


 

それと、だいぶ簡単に言いますが、タンパク質は分解されてアミノ酸になる。

アミノ酸代謝分解、生合成をほぼ同時に行う。B6はアミノ酸代謝に関与する。

また、アミノ酸はタンパク質に合成されていく過程でビタミンB6が必要になる。B6があることでタンパク質合成が成り立つ。

 

筋肉はタンパク質でできている。

筋肉をつけるにはタンパク質が作られなくはならない。ビタミンB6はタンパク質合成に関わっている。

ビタミンB6は筋肉をつけるために必要な要素なんですね!

  

ビタミンB12「化合物名 シアノコバラミン

 代謝に関与している。主にDNAの合成と調整、脂肪酸の生成、エネルギー産生に関与。

 

シアノコバラミン?神経疾患のコに処方した記憶があります。

??なぜだろう??

 

シアノコバラミンには神経疾患を改善するとはどこにも記載がない。

おそらくDNAの合成に関与しているからではないか。

DNAは細胞核中に存在している。神経は1つ1つの神経細胞から成る。

DNAが作られなければ、細胞自体成り立たない。

 

ビタミンB群だけでもいろいろな働きがあるんですね。

摂り過ぎや全く摂らないなんてことはやめましょう。

 

つづき、あと4種ありますね。

つづきはまた後で。

 

HP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加