にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

子どもの虫歯

どうも!たくや院長です!

 

あるニュースを見ました。

歯医者で2歳の子どもが治療のため、麻酔をかけて…という記事です。

 

それを見た時、えっなんで⁉️どうしてこうなった❓と怒りを覚えました。

 

歯医者に対しての怒りはあります。

f:id:di-taku:20181230154420j:image

 

しかし、どうして歯医者に連れていかなきゃいけなかったのか?なんで子どもを虫歯にさせてしまったのか?

そこにも怒り💢

 

虫歯って簡単になるものでしょうか?

そう簡単に、1日でなるものではない。

積み重ねて出来上がった結果。

 

食生活の影響

唾液の量や性状がよくない

口の中の細菌叢の悪さ

 

どんな食生活だったのか?

甘いものばかりだったのでは?

親は歯を磨いてあげていたのか?

 

とか、考えてしまいます。

 

親の責任がある。

 

歯を磨くだけではなく、食生活も考えた方が良い。

 

こんな小さい子に麻酔をかけなければならない状況を作ったことがおかしい。

 

動物にも言えること。

動物にはなかなか虫歯は発生しないが、歯石が付いていて、次第に増えて歯周病になる。歯周病だけで止まればいいが、それが引き金となり、大病が起こってしまう。

 

口腔内ケア、歯磨きは病気予防の観点からするといい。今のペットは、自分でなんとかできるのですか?

 

できません。

歯周病にさせるのは飼い主ですよ。

食べ物や口腔内ケア、大切です。

f:id:di-taku:20181230154536j:image

 

年を取り、歯石を取るために麻酔は必要になる。麻酔は怖い。体への負担は大きい。

 

まず、口を触る。口の中に指を入れることから始めてみませんか?

 

それが将来的に健康に繋がっていると思います。

 

HP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

"にいがた自然ペットクリニック"のLINE@
https://line.me/R/ti/p/%40ynb7596x