にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

塩、塩、塩

どうも!たくや院長です!

 

塩について

 

塩の重要性って感じたことありますか?

塩?

私はなんでもよいと思っていました。

NaCl(塩化ナトリウム)=塩だと

ずーーっと思っていました。

f:id:di-taku:20181212093256j:image

 

しかし、考えが変わります。

結婚した後ですね。

「精製塩って良くないんだ」と。

 

精製塩とはなんですか?

塩化ナトリウムのみ。

ミネラルは入っていない。

ナトリウムは血圧を狂わせます。

現代ではこの塩化ナトリウム、取り過ぎなんですね!

高血圧はナトリウムが良くない。

 

この知識止まりで、塩に関しては気にしていませんでした。

 

塩っていろいろな方法で作られています。

 

・海水を工場でイオン交換膜法で作られる

 

色々な方法がありますが代表的なイオン交換膜法により、塩化ナトリウムだけを抽出することに。このせいで本来海水に含まれる大切なミネラルがなくなってしまった( ゚д゚)

 

そのミネラルが入っていないとなんで良くないのか?

ナトリウムだけだと血圧をあげてしまうから。

これだけでは、理解を深めるには不十分なので説明します。

 

細胞の話

 

体には細胞というのがありまして、

f:id:di-taku:20181211212111j:image

箱が細胞

細胞の中の水分を『細胞内液』

細胞の外の水分を『細胞外液』

と言います。

 

こういう細胞が並んで、体ができています。

 

ミネラルとどう関係あるのか?

f:id:di-taku:20181212093408j:image

水分の移動にミネラルが関係します。

細胞外液には、

ナトリウム

が多く含まれます。

 

細胞内液には、

カリウムマグネシウム

が多く含まれます。

 

ナトリウムは細胞内から水を引き寄せるイメージです。ナトリウムが多くあると、ナトリウムを薄めるために、水分を引き寄せる。そのため、血液量が増えて血圧が上がるということです。

カリウムマグネシウムはその逆で細胞から水をとどめておくイメージです。

 

ミネラルは、今3種しか紹介してないですが、こんな働きをしてくれます。

 

塩に話を戻して

 

じゃあこの最低限でいいんじゃないの?ミネラル加えたらいいよね?

私もそう思っていたことありました。

そう簡単ではない。

実際、製品であります。ミネラル添加しました!というもの。

 

人に必須のミネラルって研究中でわかっているだけで

12種類。それ以上あると言われています。

 

たった2、3種類のミネラルを加えたところで、

あまり変わらないでしょう。

 

どんなものがいいのか!

天日、自然乾燥、熟成された塩!自然塩!

 

こういう製法だから、海のミネラルがそのまま70種入っている。

 

我々にはミネラルが不足している。

動物にも不足している。

f:id:di-taku:20181212093523j:image

 

生命は海から来た。

海水の成分と羊水の成分は酷似してるそうです。

人は母のお腹の中で育ちますね。

 

ミネラルはこんなにいるのか?多分いります。

どのように体に作用しているか、解明されていませんが、きっと必要なんです。

 

実際、この自然塩を取ることで体の不調が改善しています。

 

決められたミネラルだけでは、体にとって不足になるんだと思います。

 

自然な恵みは大切ですね

 

HPはこちら

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic