にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

パルボ感染症

どうも!たくや院長です!

f:id:di-taku:20181026155835j:image

 

パルボウイルスって聞いたことありますか?

幼犬や幼猫で感染しやすいです。嘔吐から始まり、やがて下痢を起こし、脱水が進行し体力がだんだん削られ、死に至る病気です。

子犬や子猫の場合。

 

成犬や成猫は?

私はパルボと診断したことがない。成犬や成猫では他の病気を疑うし、例えかかったとしても重症化しない印象です。

 

 

ネコパルボウイルス感染症は猫汎白血球減少症と言ったりします。ワクチンの中に含まれています。

日本では混合ワクチンとなり単独ワクチンはありません。他のウイルスも接種することになります。

 

パルボウイルス、ワクチンで防御できているのか?という疑問があります。子犬で、飼い始めたら3回打ちましょうねと言われていて、きちんと言う通りにしたのにパルボウイルスに感染することが起こるのです。ワクチンを打っておけば軽症で済むなんてことはない。

 

だから、ワクチンを打つ。怖いから、かかってしまったら、打ってないことを後悔する。

確かにその考えもあるでしょう。

f:id:di-taku:20181026155928j:image

 

感染率はどれくらいなのか?

動物病院で毎日毎日パルボウイルス感染症が来院するとゾっとしますが、そんな経験はありません。残念ながら、感染率は、わかりません。人間なら病気の発生率やワクチンの効果を報告していますが、動物ではないようです。寿命が短いからでしょうか。

 

パルボウイルス感染はどこからくると思いますか?

 

劣悪な環境にウイルスはいます。どういうルートで飼い主の元へ来たかが重要だと思います。

飼い主さんの家にパルボウイルスがいて発症することは考えにくい。来る前のルートに感染する環境があったと思えます。動物達は感染して発症まで時間がかかる。動物は戦っているんだけど、移動のストレスなどにより、免疫が低下して発症するのでしょう。

 

猫の場合は、ノラ猫が持っている可能性があります。保護された猫で体重が増えて順調と思っていたら、急に痩せ始めたなんて要注意ですね。下痢が続いていて、でも元気ということがあります。

フードやミルクのせいで、下痢の場合もありますが、体重はそう簡単に落ちない。

 

保護された場所にパルボウイルスがいて、そこから連れてこられたコが、みんな同じ症状だったことはあります。

 

治療はどうするか?

抗ウイルス剤はありません。吐き気止めて、下痢止めて、食べさせてということをだいたい行いますね。対症療法ですね。

体力があれば、回復に向かえる。

 

 

今、猫でその疑いで治療している子猫がいます。3兄弟だったんですが、1匹空へ。

他のコ、なんとか頑張って欲しいです。

 

HPはこちら💁‍♂️

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

セミナーもあります!