にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

気持ち

どうも!たくや院長です!

 

先日、あるワンちゃんが天国へ行ってしまいました。

急な出来事でした。 

 

一時的に苦しかったと思うけど、最期には鳴きもせず飼い主の傍で息をひきとりました。

 

本当に具合が悪いとか、慢性的に病気を患っているコは全体的に痩せている印象なんですが、全然違って、毛づやがいいし、顔の筋肉は落ちていないし。

きっと、飼い主さんが一生懸命愛情を込めて、お世話していたんでしょうね。

 

幸せだったんだと思います。

 

最期は悔いのないように過ごしてもらいたい。もうやりきった!という気持ちが大事。

なにもしないから、何も起こらない。何かすれば、変わるかもしれない。

美味しい物を食べたら元気が少しでたみたい。

いいじゃないですか。

 

後悔はずっと続きます。ああすればよかった、あのとき手術しておけば…。後悔をするんだったら、動いた方がいい。残り少ない寿命を明るく過ごせるなら一番いい。

 

そう思います。

 

寿命は残念ながら犬猫に関していうと30年?生きないでしょう。

20年も生きているかどうか。

人間より寿命は短い。

少しでも長生きさせたいなら、健康であるということを考えてみてください。

病気にならないように過ごすことが、大事になるのではないでしょうか。

 

新潟市西区|動物病院|にいがた自然ペットクリニック

 

"にいがた自然ペットクリニック"のLINE@https://line.me/R/ti/p/%40ynb7596x