にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

ウイルス?細菌?その2

どうも!たくや院長です!

 

ウイルス?細菌?

の細菌について

 

細菌

f:id:di-taku:20180902094042j:image

 

こんなです。

ウイルスより大きく、通常の顕微鏡で見ることができます。

細菌はこんな特徴

①細胞を持ってます。

②増殖は多くの細菌で2分裂します。他には、3つ以上に分裂するものや出芽して増えるものもいます。

③地球上のあらゆる環境に存在

④私達の中にもいます。腸内細菌。

⑤生活する上で役に立っているものもいる。

   発酵食品、抗生剤の開発、新薬の開発

 

Oー157とかサルモネラ菌は食中毒の原因として有名ですね。

 

薬の話をしましょう。

まず抗生剤とは何か?

抗生物質を利用した薬剤のこと。

 

??抗生物質??何?

「微生物が産生し、他の微生物の発育を阻害する物質」と定義されています。

 

具体例をあげると、

アオカビの周りには黄色ブドウ球菌が発育しない

この発見で「ペニシリン」が見つかったわけです。

 

抗生剤は数多く存在します。

f:id:di-taku:20180909004653j:image

静菌⇨菌の増殖を抑制して菌を減らす

殺菌⇨菌を殺して菌を減らす

 

このどちらかの方法で菌を減らしていきます。

 

おお!すごい!!悪さをする菌を減らしてくれる!いいじゃん!

 

残念ながら、抗生剤、ピンポイントでこの細菌やっつけてね、ってできないんですね。

色々な細菌をやっつけてしまうんです。

悪さしてるもの以外のものも減らしてしまいます。

 

体で悪さをしている細菌がいますが、私達の中に腸に腸内細菌が必ずいます。

そう、抗生剤は腸内細菌を減らしてしまう

(・Д・)

使えば使うほど、腸内細菌は減りますね。

 

抗生剤の副反応の一つに下痢があります。

勤務医の時は、抗生剤飲んで下痢をしたコに対してはお薬が合わなかったんですね、変えてみましょう、なんて平気で言ってました。

今は、これは、抗生剤が腸にダメージを与えた、腸内細菌が減り、腸内環境を変化させてしまったと考えます。

 

人間の場合、腸内環境が大事、免疫調節している、腸内フローラがとか、腸は第2の脳だとか言われていて、動物ではそんなに騒がれてはいないのですが、私は重要だと考えています。

 

一度減ってしまった腸内細菌は、抗生剤を止めれば、元に戻るのか?

 

体の中では正常な菌が抗生剤の影響を受けて、減少します。代わりに、抗生剤に耐性がある菌が増えてきたり、腸内細菌の勢力図が変わるのです。菌交代現象ですね。

なかなか元に戻すのは難しいと思います。

 

抗生剤は、効きます。

私は食中毒になった時お世話になりました。あって助かった。よかった。でも腸内細菌は確実に減りました。菌交代現象が発生。

 

良い面もあれば、悪い面もある。

自分の身は自分で守るくらいの気持ちが必要。

 

ワンちゃんが皮膚悪くて、何年も抗生剤を飲み続けているなんて多いと思います。

 

この場合、薬では全て解決しない。と思ってます。良いと思っていることが傷つけてる。

 

抗生剤はウイルスには全く効きません。

感染しないように予防に抗生剤を、なんて腸内細菌を減らすだけ。

 

抗生剤に頼らない方法も考えてみて下さい^_^

 

HPはこちら

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

"にいがた自然ペットクリニック"のLINE@
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。
https://line.me/R/ti/p/%40ynb7596x

 

友だち追加