にいがた自然ペットクリニック

日々院長が思っていることなどを伝えます

眼の症例

どうも!たくや院長です!

 

以前に眼に関して記事を書きました。

そう、私は眼を専門にしたいと思っていたことがあるくらい、眼科が好きなんです。眼の話になると、楽しそうと言われたり。

眼はすごく興味がある。

 

涙やけは~という記事を書きました。点眼薬はそんなに必要ないと。

では、眼科においてブドウ膜炎や緑内障はどうか?

点眼薬(ステロイドや眼圧降下作用のあるもの)がなければ、治療できない!と思っていたのは事実だし、点眼薬が無くても治療できる期待をもっていたのも事実。

 

その期待はどこから来たのか?ペット食育の師匠が、「点眼薬を使わずに原因を取り除けば治るよ」と直接聞いたことが始まりです。

原因を取り除く?その時は、どういうことかわかりませんでした。まだまだ西洋医学にドップリ浸かっていましたから。

 

ブドウ膜炎や緑内障の原因(簡単に)

なんでしょう?

教科書的には

ブドウ膜とは前部と後部に分けられ、前部→虹彩、毛様体 後部→脈絡膜 となる。ブドウ膜炎はその部位の炎症。感染性やら原因はさまざまだが、経験上多くは特発性(原因が特定できていない)である。

 

緑内障とは眼圧の上昇により視神経が圧迫され視神経障害が起こり、失明に至る病気。緑内障の分類には原発性と続発性がある。原発性はもともと眼房水の排出経路が狭いことから発症、続発性はブドウ膜炎等の炎症により、眼房水の排出経路が狭くなることから発症する。

 

排出経路がなんで狭くなるのか?原因は?ということまで私は追及してきませんでした。点眼『薬』はブドウ膜炎の対応なら抗炎症薬、緑内障なら抗炎症薬と眼圧降下薬(何種類かあるが人用医薬品)の選択肢がある。

治らない、治せない。そう信じてきました。

 

最近来院した症例です。

f:id:di-taku:20181113113056j:image

 

右眼は緑内障、左眼はブドウ膜炎。

転院で来てくれました。私が見たときには右眼の視力はなかった。左眼は見えている。

それだけでもありがたい。前の病院では、抗生剤の点眼薬のみ。これではよくならないでしょう。飼い主の話では、点眼するのも一苦労とのこと。ワンちゃんとても嫌なんですね。

眼の問題だけではなく、皮膚の痒みが年中ある。

私は何をしたのか?

 

今起こっていることは、色々な積み重ねで起こってきていると考える。

眼に関しては目薬、皮膚に関しては皮膚の薬、食事は今まで通り。

これでは改善するとは思えない。変わる必要がある、変えなければならない。

 

水を変えてもらいました。

食事は基本ドックフードですが、そこに野菜を加えるとか、水分多めにとか。食事の変更をしてもらいました。

それとアセトピュア。解毒・排毒をしてもらいました。

眼はゼオカルPH。

 

再診

f:id:di-taku:20181113114738j:image

見たとき、眼がよくなっていた。腫れが引いていると思いました。

飼い主は、1回しか眼に入れられなかったとのこと。けど赤みがひいたと、眼が良くなったとおっしゃってたんです。残念ながら視力の回復までには至ってませんが、眼に何か使用することなく改善した事実は、驚かされました。

 

眼も内面から病気になってやってくる可能性がありますね。体が変わることは、いい面をもたらしてくれます。

 

HPはこちらから

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亀の飼育

どうも!たくや院長です!

 

今日は亀の冬眠について🐢

あっ、リクガメではないですよ。

 

自然の生き物は日本の四季を感じているようです。亀の飼い主さんと話したことですが、9月、10月から食欲が落ちるんですよ。夏場はムシャムシャ食べるのですが、9月以降食べない。時々、食べていると思いますが、水の中にじっとしている。人が行くと、少しは動くけど、腹減ったアピールはない。

f:id:di-taku:20181107212501j:image

餌は時々心配になるので、入れておくのですが、食べたのか食べてないのか判断しづらい。食べてなくても平気みたいです。

 

エサが水槽の中に入るとやはり汚れてしまう。この時期はエサを与える回数が少ない分、水槽が汚れることや水が汚れることが少ない。だから水換えはあまり頻繁ではなくなりました。

 

エサは何かというと、総合栄養食があるですね。

犬を飼ったことがある人ならドックフードみたいなものですと言ったほうが通じるでしょうか。カメにもあるんです。便利な世の中だ。

水が汚れにくい!なんて謳っている商品がありますが、水の中に入れれば汚れてしまう。ニオイが出てきます。感染症は防ぎたい。

水換えは必要なんです。キレイに保つことが必要。けど、自然界ではなく、飼っているからです。自然界なら、自浄作用により、感染症なんか気にしないんだろうな、と思いますね。自然に近ければ近いほど、亀は健康でいられる。

 

 

話を戻します。食べなくなるのは、この時期の冬に向けて、準備していると考えます。時々、日光がよく当たる日に亀を出して甲羅干しをしてもらうんですが、季節はやはり重要らしく、暖かくても食べない。

こういうことは、普通なんだと思います。

 

冬に向けて準備をしよう。

f:id:di-taku:20181107214647j:image

私の家族は亀を何十年も飼っています。その中で、冬眠させようと土や枯れ葉を用意して、庭に埋めて、春に掘り起こしたら、動かなかったなんてことがありました。悲しかった。

 

そんな経験から越冬させる方法があるということを知り、それから越冬させるようにしています。その方法では、残念な結果になったことはないから毎年続けています。

 

また次回へ続く

 

HPは少しずつ変化してます

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

幼稚園最後の作品展

どうも!たくや院長です!

 

先日、息子の幼稚園の作品展に行ってきました。

 

毎年、作品展は見てきていて、成長を感じますね。今回もどんな作品を作ったのか楽しみでした。

 

f:id:di-taku:20181102070744j:image

消防車と消防士さん

車体の細かいところまで描く努力が見られます。消防士さんの表情がいいですね。

 

f:id:di-taku:20181102071431j:image

クモ

なかなかこの色使い、いいですね!

おおー、と驚きです。

 

f:id:di-taku:20181102115232j:image

ブルドックを作った!と言ってました。

だんだんそのように見えてきます。

 

f:id:di-taku:20181102115428j:image

写真。一生懸命に作っていたんだね。

 

また子どもの成長が見れて良かった。

他にさかなつり

f:id:di-taku:20181102115653j:image

 

まとあて

f:id:di-taku:20181102115808j:image

 

などイベントが企画されていて、楽しんでいました。

 

来年は小学校。

もう小学校か、成長は早い。

 

家族との時間は大切だ。

 

クリニックHP

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

 

 

 

 

今日は何の日?

どうも!たくや院長です!

 

11/1はなんとクリニックが1周年の記念すべき日!

 

昨日はすき焼きをいただきました

f:id:di-taku:20181101233952j:image

私は

f:id:di-taku:20181101234013j:image

ビールを飲む🍺

 

f:id:di-taku:20181101234157j:image

息子はなっちゃん

 

ありがとうございます!

日本酒🍶もいただいて

ありがとうございます!

 

この1年、色々なことを考えてきました。

1年前勤務医だった自分は経営のことなんて考えてなかった。現実を思い知らされて、ナメていたと落ち込み、凹みました。

でも、凹まされたけど、多くのことを学びました。個人事業主になった景色と勤務医の見える景色はまるで違う。見えなかったことが見えてくる。

夜間勤務に参加する。

地域猫の手術ボランティアに参加する。

セミナーを通じて、飼い主さんと繋がる。

野菜を育てることから教えられる。

様々な経験をしました。苦いこともありました。

色々あったけど、よかったなと思います。

手相の生命線が少し伸びた気がします。

 

 

困っている、なんとかしてあげたい、そんな要望に応えていきたい。

これからもにいがた自然ペットクリニックをよろしくお願いいたします。

f:id:di-taku:20181102005934j:image

 

HPはこちら

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

"にいがた自然ペットクリニック"のLINE@
お得な情報をお届けします
https://line.me/R/ti/p/%40ynb7596x

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー終了、でもこれから始まり

どうも!たくや院長です!

 

10/27セミナーをさせていただきました✨

 

題目は【誰でもできる食事療法】

f:id:di-taku:20181028223222j:image

 

今まで、自分で考えて練りスライドを作っていました👨🏻‍💻そのスタイルだと、堅苦しい講義のようで面白味が全くありません。

 

なぜそのスタイルになったか?

 

獣医が獣医に話す内容、講義のスタイルしか、聞いてこなかったから。動物看護師のセミナーやトリマーのセミナーもありますが、一度も聞いたことがありません。

獣医の話しか聞いてこなかったことが

セミナーはこうだ!

みんなこれを知りたいに違いない!

正しいことを伝えていれば、きっと理解している!

という誤った思い込みを生んでいたんですよね。

 

今回は違いました。

自分がわかってくれるだろうと思っていたことより、更にわかりやすい説明にしたことや参加者が喜ぶような構成を考えだしたこと、参加者がただ聞くだけでなく、講師とのコミュニケーションを取るようにしたことを考えました。

 

アンケートでは満足したと答えていた方が多く感じられたので、やってよかったなと思います。

参加者には手作り食に興味を持った方もいて、少しでも、手作り食や様々な食材を食べてもいいんだ!ということが広がればいいなと思います。

 

すでに作ってある定期セミナーの内容やスライドは作り直して、リニューアルせねばと思ってます。また、新しいセミナーの内容も必要ですね。

 

クリニック定期的なセミナーも開催しております。HPから確認してみて下さい。

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

パルボ感染症

どうも!たくや院長です!

f:id:di-taku:20181026155835j:image

 

パルボウイルスって聞いたことありますか?

幼犬や幼猫で感染しやすいです。嘔吐から始まり、やがて下痢を起こし、脱水が進行し体力がだんだん削られ、死に至る病気です。

子犬や子猫の場合。

 

成犬や成猫は?

私はパルボと診断したことがない。成犬や成猫では他の病気を疑うし、例えかかったとしても重症化しない印象です。

 

 

ネコパルボウイルス感染症は猫汎白血球減少症と言ったりします。ワクチンの中に含まれています。

日本では混合ワクチンとなり単独ワクチンはありません。他のウイルスも接種することになります。

 

パルボウイルス、ワクチンで防御できているのか?という疑問があります。子犬で、飼い始めたら3回打ちましょうねと言われていて、きちんと言う通りにしたのにパルボウイルスに感染することが起こるのです。ワクチンを打っておけば軽症で済むなんてことはない。

 

だから、ワクチンを打つ。怖いから、かかってしまったら、打ってないことを後悔する。

確かにその考えもあるでしょう。

f:id:di-taku:20181026155928j:image

 

感染率はどれくらいなのか?

動物病院で毎日毎日パルボウイルス感染症が来院するとゾっとしますが、そんな経験はありません。残念ながら、感染率は、わかりません。人間なら病気の発生率やワクチンの効果を報告していますが、動物ではないようです。寿命が短いからでしょうか。

 

パルボウイルス感染はどこからくると思いますか?

 

劣悪な環境にウイルスはいます。どういうルートで飼い主の元へ来たかが重要だと思います。

飼い主さんの家にパルボウイルスがいて発症することは考えにくい。来る前のルートに感染する環境があったと思えます。動物達は感染して発症まで時間がかかる。動物は戦っているんだけど、移動のストレスなどにより、免疫が低下して発症するのでしょう。

 

猫の場合は、ノラ猫が持っている可能性があります。保護された猫で体重が増えて順調と思っていたら、急に痩せ始めたなんて要注意ですね。下痢が続いていて、でも元気ということがあります。

フードやミルクのせいで、下痢の場合もありますが、体重はそう簡単に落ちない。

 

保護された場所にパルボウイルスがいて、そこから連れてこられたコが、みんな同じ症状だったことはあります。

 

治療はどうするか?

抗ウイルス剤はありません。吐き気止めて、下痢止めて、食べさせてということをだいたい行いますね。対症療法ですね。

体力があれば、回復に向かえる。

 

 

今、猫でその疑いで治療している子猫がいます。3兄弟だったんですが、1匹空へ。

他のコ、なんとか頑張って欲しいです。

 

HPはこちら💁‍♂️

https://niigatashizenpet.wixsite.com/shizenpetclinic

 

友だち追加

セミナーもあります!

 

猫白血病ウイルス

どうも!たくや院長です!

 

今回も出張診療に行ってきました!

 

猫ちゃん、まだ5ヶ月齢😺

ウイルス検査の依頼です。

 

元気良く、暴れる、女の子

体重も丁度良く、毛ヅヤも良い

 

ペットショップやブリーダーから来たコであれば、よほどなことがない限り、白血病ウイルスやエイズウイルスを持っていないと思います。

一般的に。

 

ただノラ猫だったから、飼い主さん気になっていました。白血病ウイルス?エイズウイルス?って。不妊手術は希望されているから、麻酔のリスクがどうなるか?など心配事は多かった。

 

結果は

 

FeLV陽性  FIV陰性

 

検査キットで判定します。

あー、ノラだからしょうがないかー。でも、ショックですね。ショックなんです。

 

元気なのに〜。

 

きっと母体からでしょうね。

落ち込みますが、まだ5ヶ月です。自分でウイルスをやっつければ問題なし。実際、数ヶ月後に検査をしたら、陰性、ということもあるのです。

 

ウイルスを陰性にするためにインターフェロンが効いたとか、効かないとか。報告あります。

 

私はインターフェロンはオススメしない。

実際クリニックでインターフェロンを打ちたいという要望に応えて、接種しました。接種後どうなったか?元気が落ちるそうです。1日かけて調子を戻したようです。

 

また他の病院で打った方がクリニックに来て、痙攣が起こるようになったと話してくれました。

インターフェロンは、免疫を活性化して、ウイルスと激しく戦いましょうというものです。

でも打って症状が出てしまうのは、副反応です。体は始めから戦っているのに無理矢理、もっと戦いなさいと言われ、拒絶している反応です。

 

クリニックでは排毒を勧めます。

今回のコは、2ヶ月齢くらいから診察して、最初がいわゆる猫風邪と言われる、目やに、鼻水が酷い状態でしたが、そのときから排毒を行なって、顔は美形になったコなんです。

 

排毒の最中に、体が熱くなることが時々あるそうです。これは戦っていたんですね。

 

引き続き排毒していきましょう。

 

ウイルスを持っていたとしても健康な体であれば、症状は出ないと考えています

 

何も変えないよりは何か違うことをする。

悪くないですよ。

 

"にいがた自然ペットクリニック"のLINE@
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。
https://line.me/R/ti/p/%40ynb7596x

 

今週土曜セミナーあります!

お申し込みはこちら💁‍♂️

https://www.facebook.com/events/364004331009444/?ti=icl